市町村名や都道府県名の羅列はGoogleからペナルティを受ける?

こんにちは、まつもとです。

以前から、読者さんのアメブロを見に行った時に気になっていたんですが、検索にヒットさせようとしてか、記事やメッセージボードなどに、

市町村名や都道府県名の羅列

をしている人をよく見かけます。

特に、お店や教室の集客のためのアメブロでよく見かけますが、実はこれ、今はもう間違った検索エンジン対策(SEO)で、逆効果になる可能性が高いと言われています。

実際、Google Search Consoleのウェブサイトの品質に関するガイドラインの「キーワードの乱用」の項にも以下のように書かれています。

(前略)
ページにキーワードや数字を詰め込むと、ユーザーの利便性が低下し、サイトのランキングに悪影響が及ぶ可能性もあります
(中略)
・ウェブページが特定の市町村や都道府県に関する検索結果の上位に掲載されるようにするために市町村名や都道府県名を羅列したテキスト
(以下略)

つまり、

「検索で上位表示したいなら、市町村名や都道府県名を不自然に羅列するのはやっていけない行為」

ということですね。

別の言い方をすると、

「市町村名や都道府県名を不自然に羅列するのは、検索順位を下げてくれと言っているようなもの」

でしょうか。

確かに、まだGoogleの検索エンジンが今ほど賢くなかった頃には、こういった「スパム」的な手法がとても有効だった時期もあり、正直、僕もそれが正しいと思っていたので、色々やっていました。

ですが、技術の進歩に伴ってGoogleの検索エンジンはとても賢くなり、以前は上位表示のための行動として正しかったことでも、今では全く逆になってしまったことがたくさんあります。

Google Search Consoleのウェブサイトの品質に関するガイドラインでダメと言われていることは、ほとんどがそういうものです。

書かれている内容は簡単ではありませんが、よく理解することは運営の参考になると思いますので、検索順位を気にする方は、ぜひご覧になってみることをお勧めします。

ちなみに僕は、これを読む度に「やっぱり検索を気にするならアメブロを使うべきではないんだろうなぁ」と感じます。

なお、今後は(今も既にですが)、テクニカルなことよりも、上質なコンテンツを作ることに重きを置いて検索エンジンの評価を得る「コンテンツSEO」というのが有効と言われているようです。

僕も、まずは、しっかりとコンテンツを作るところからだと思います。

もちろん、なかなか一筋縄では行きませんが。

PR: いちばんやさしいコンテンツマーケティングの教本 人気講師が教える宣伝せずに売れる仕組み作り