Twitterのお気に入りツイートをアメブロの記事に貼り付けて紹介する方法

Twitterでお気に入りのツイートやアメブロの読者にお勧めしたいツイートを見つけた時は、そのツイートをアメブロの記事に貼り付けて紹介(埋め込み投稿)してみましょう。

Twitterの貼り付けは、最新版エディタでは正式にサポートされていて非常に簡単ですし、タグ編集エディタでもあまり難しくはありません。

というわけで、そのやり方をご紹介しますね。

今回ご紹介するのは、パソコンでの操作になります。

最新版エディタの場合

まず、最新版エディタで記事を作成する場合です。

最新版エディタの記事作成領域の右側にあるツールボックス(?)のツイッターアイコンのタブをクリックすると、Twitterのタイムラインが表示されます。

これが表示されれば、あとは、貼り付けたいツイートをワンクリックするだけと、非常に簡単です。

ただし、この機能は、アメブロとTwitterの連携設定を(一度だけ)しておく必要があります。

連携設定がまだの場合は、設定するよう促されますので、画面の指示を読みながら設定を済ませて下さい。

もし、連携したくないという場合は、この方法は使えませんが、次の方法で貼り付けすることができます。

タグ編集エディタの場合(最新版エディタで連携はしたくない場合も)

タグ編集エディタを使っている場合や、最新版エディタを使っているけどTwitterアカウントとアメブロの連携設定をしたくないという場合は、もう少し手順を踏む必要があります。

Twitterで埋め込みタグをコピー

まずは、Twitterで紹介したいタグの埋め込みタグを取得しましょう。

ツイートの右上にある「v」のような矢印アイコンをクリックするとメニューが表示され、その中の「ツイートをサイトに埋め込む」という項目をクリックして下さい。

すると、貼り付け用のタグ(埋め込みタグ)が表示されます。

ひとまず、このタグ全体をクリップボードにコピー(右クリックメニューからコピー)しましょう。

タグを記事に貼り付けて不要箇所を削除

次に、記事エディタで、先ほどコピーしたタグを記事に貼り付けましょう。

貼り付けたら、少しタグを加工します。

貼り付けたタグをよく見て「<blockquote ~ /blockquote>」までを残し、貼り付けたタグの最後「<script ~ /script>」の部分を削除して下さい。

これでタグの加工もOKです。

最新版エディタの場合

最新版エディタを使う場合も基本的には同じですが、必ず「HTML表示」のモードでタグの貼り付けと加工を行うようにして下さい。

まとめ

以上、Twitterの投稿(ツイート)をアメブロの記事に貼り付ける方法をご紹介しました。

ブログとSNSを、お互いに足りないところを補い合いながらは使っていくことも、どんどん重要になって来ていますので、その一例として、参考になりましたら幸いです。

なお、以下が、この記事でご紹介した「タグ編集用エディタ」で貼り付けたツイートです。

ちゃんと表示されているでしょうか?^^