アメブロのSNSらしいところをグラフで見てみる

前からSNSっぽかったアメブロが、ここのところ、ますますSNSらしくなってきましたが、その感じをグラフで確認してみました。

それが何?というご意見もあろうとは思いますが、何となく形として目で見たかったので^^

なお、飽くまでも、このブログでのデータなので、どのアメブロにも当てはまるようなものではありません。悪しからず。

まず↓こちら、ある日のある記事へのアクセスで、ユーザーが使っていた機種(OS)の集計です。

比率は、PCが60%、スマホ(含タブレット)が40%くらいでした。

今時は、スマホが40%なら、かなり少ない方ではないかと思います。

スマホの割合が多いブログなら、70%とか80%とかになるのではないでしょうか。

さて、これだけではSNSっぽいのかどうかサッパリわかりませんので、少し見方を変えてみました。

実はこの記事、古い記事なんですが、この日、少し修正して再アップしています。

そこで、再アップ直後から数時間後までのグラフを見てみたところ、↓こんなでした。

スマホ(iPhone、Android)のアクセスの比率がグッと上がったようですね。

投稿すると、その情報がフォロー(読者登録)してくれているユーザーに流れ、短時間でスマホからのアクセスが集中してやってくるって、まさにSNSっぽいですね。

で、しばらくすると、そのアクセスがすごい勢いで落ちて来るのもSNSですが、アメブロもそうなのか見てみました。

投稿後、半日くらい経ってからのグラフです。

投稿直後とは全く違いますね。

見事に豹変しました。

iPhoneやAndroidの減り方がものすごいですね。

SNS的な、フォローしてくれている人(読者登録してくれている人)のアクセスはスッカリ減ってしまい、普段の検索エンジンからのアクセスが主になっています。

こうなると、一般的なブログと大差ないように思います。

ちなみに、このブログは、パソコンユーザー向けの記事が多いので、普段は、検索エンジンからもパソコンでのアクセスがメインの記事が多いです(記事にもよりますが)。

というわけで、アメブロのブログの上にSNSを乗っけたみたいな性質がよく見えて面白かったです^^

アメブロは、こういう二面性があるので、両方をうまく使っていくと、楽しく効果的に活用していけると思います。

そして、逆に、アメブロじゃなくても、SNSとブログの両方を上手に使える人なら、同じような(もしくはそれ以上の)効果を作り出すことができると思います。