アメブロの常時SSL化ってユーザーにはどんなメリットがあるの?

アメブロ(管理画面周りを含めた)が常時SSL化することで、アメブロのユーザーにはどんなメリットがあるのか?について考えてみました。

ただし、最終的にすべてがSSL化(https:)して、非SSL(http:)ではアクセスできなくなることを前提に考えました。

現時点では、管理画面はhttp:のままだし、公開ページも画像も、http:とhttps:の両方で表示できるなど、中途半端な状態ですので。

あと、僕はこのあたりのことにプロといえるほどの知識はないので、飽くまでも分かっている範囲でメリットだけを書いてみます。

デメリットもいくつも思いつきますが、間違っていると運営さんに申し訳ないので書かないことにします^^;

なお、PC向け画面の話です。

アメブロの公開ページ

アメブロの公開ページ(世界中の誰でも見れるページ)は、Googleの検索順位で「少しだけ」上位表示されやすくなると思われます(なると言われています)。

↓このGoogleウェブマスター向け公式ブログの記事や、


HTTPS をランキング シグナルに使用します
セキュリティは Google の最優先事項です。Google は、 デフォルトで強力な HTTPS 暗号化を導入する など、業界でも最先端のセキュリティを Google サービスに導入することに力を注いでいます。これにより、たとえば Google 検索、Gmail、Googl…
 

↓Googleの中の人のつぶやき


Gary Illyes ᕕ( ᐛ )ᕗ on Twitter
“If you’re an SEO and you’re recommending against going HTTPS, you’re wrong and you should feel bad.”
 

【SEOをやっていてHTTPSになることに反対するなら、あなたは間違っているし悔やむことになるだろう(松本訳)】

などが根拠と思われます。

ただし、公式ブログの記事からも読みとれますが、影響は僅かであり、これまでも重要とされてきた、記事の内容や、タイトルの付け方、リンクの貼り方などのほうが、影響は遥かに大きそうです。

アメンバー限定ページ

通信を盗聴される可能性が低くなるので、記事の内容がアメンバー以外にバレる危険性が下がります。

アメンバーになっていない人のアメンバー記事を犯罪的な行為までして見ようとする人がいるかどうかはわかりません。

画像

他サイトで「直リンク」で勝手に使われている画像が表示されなくなります。

アメブロの画像は、基本的に他サイトで直リンクでの使用はできませんが、https:なサイトでhttp:なアメブロの画像を貼ると表示できてしまいます。

実際に、これまで何度もキュレーションサイトなどで(たぶん)無断使用されているのを発見したことがあります。

画像のURLにhttp:が利用できなくなると、これらの画像は、貼り付けてある外部サイトで表示されなくなります。

ただし、コピーされてしまった画像に関しては無力です。

管理画面

管理画面は、今はまだhttp:だけなので、早くhttps:に対応するといいなと思います。

一般的には、管理画面の方からhttps:になることが多いと思いますが、アメブロは違いましたね。

管理画面がhttps:になると、パスワードや登録メールアドレスを始めとする管理画面のみで扱う多くの情報が盗まれにくくなるなど、セキュリティレベルが向上します。

4/29追記 —-
パスワードやメールアドレスの入力は以前から既にhttps:でした。すみません。その他の管理画面の情報も漏れるのは困りますが、これら2つほどではありませんね。
—- 4/29追記ここまで

でも、簡単過ぎるパスワードは、やっぱりヤバいので、そういうパスワードを使っている人は変えておいたほうが良いと思います^^

まとめ

というわけで、思いついた「良いこと」を書いてみました。

ちなみに、フリープラグインの仕様変更や、リファラの変更などは、常時SSL化とは全く別の仕様変更ですので、これらは常時SSL化のメリットでもデメリットでもありません。

個人的には管理画面以外はあまり大きなメリットとは思えませんが、こんなに大々的にやるからには、運営サイドから見ると相当大きなメリットがあるんだと思いますので、そのあたりを公開してくれるといいなと思います。

もし、この記事を読んでくださった方で、

「もっと、こんないいことがあるよ!」

っていうのを知っている方がおられたら、ぜひ教えてください^^