アメブロのリブログ機能を理解して有効に使おう

アメブロには「リブログ」という、他のアメブロユーザーの記事を簡単に紹介できる機能があります。

リブログとは、他のアメブロユーザーの記事の冒頭部分を自分のアメブロに貼り付けて(埋め込んで)投稿するアメブロ独自の機能で、一般的な引用とリンクによる紹介とはかなり趣の異なる仕組みになっています。

せっかくある機能、仕組みを理解して活用していければと思いますので、リブログがどのようなものなのかを少しご紹介したいと思います。

なお、画面の紹介は、何れもパソコン版のものです。

リブログしてもらう側

まず、リブログしてもらう側です。

記事下に「リブログする」ボタンと「リブログ一覧」リンク

アメブロの記事の記事下には「リブログする」というボタンと「リブログ一覧」というリンクが表示されます。

ただし、デザインによっては(現在の新しいデザインでは)、1件以上リブログされるまでは「リブログ一覧」リンクは表示されません。

読者(自分でもできます)がリブログしてくれる(リブログ機能を使って紹介してくれる)時は、「リブログする」ボタンをクリックします。

リブログのしかたは簡単で、この「リブログする」ボタンをクリックするだけです。

クリックすると、reblogCard(リブログカード)という名前の付いたiframeタグが自動的に貼り付けられた記事を新規作成することができるようになっていますので、あとは前後に紹介記事の内容を書くだけです。

「リブログ一覧」リンクの方は、このリンクをクリックすると、今までにその記事をリブログしてくれたアメブロユーザーの記事へのリンクが一覧表示されるようになっています。

リブログしてくれた人の記事が表示される

また、読者がリブログ機能を使って紹介する(つまり「リブログする」)と、リブログされた側のアメブロ記事の下の方(コメントの上)に、直近にリブログした人の記事の一部が一件だけ表示されます。

リブログは拒否できる

なお、リブログは、記事ごとに拒否することができるほか、アメブロの基本設定画面で、全記事で一括拒否する(非表示にする)ことも可能です。

具体的には、「リブログの受付」を「受け付けない」にすると「リブログする」ボタンも「リブログ一覧」リンクも、すべての記事で表示されなくなります。

ただし、「リブログする」ボタンを非表示にしても、以前リブログされた情報はそのまま残り、リブログされた記事自体を削除、または下書き状態にしない限り、過去に遡って完全にリブログをなかったことにはできないようです。

迷惑リブログ対策

なお、悪意のあるリブログや迷惑なリブログをされた場合などは、リブログ履歴画面で、そのリブログされた情報を自分の記事のリブログ一覧に表示されないように(非公開に)することが可能です。

リブログする側

次は、リブログする側です。

リブログで貼り付けられる内容

誰かの記事の「リブログする」ボタンをクリックすると、その記事の内容の一部がiframeタグで埋め込まれた記事が新規作成されます(以下、この埋め込まれたiframeタグをリブログカードと呼びます)。

リブログカードには、ブログ名やタイトルとともに、画像がある記事の場合はサムネイル画像と記事冒頭の101文字、画像がない記事の場合は記事冒頭の121文字が表示されるようです。

リブログカードは、一般的な紹介で用いられるような「記事タイトル+記事の一部引用+画像+リンク」というものではなく、リブログ用に用意された専用の記事ページがiframeというタグを使って埋め込まれる仕組みになっています。

例えば、当記事をリブログするとこんなページの内容が埋め込まれます

埋め込まれるページには、元のリブログされた記事の内容がリアルタイムに反映されるようで、リブログされた記事が変更されると、リブログカード内の内容も代わります。

例えば、以前リブログして貼り付けたリブログカードの中身が、いつの間にか全く別の内容に書きかわっていたなどということも起こり得るでしょう。

自分のブログに表示されるのはとても許容できないような内容に変わる可能性も大いにありますので、何でもかんでも無闇にリブログしないよう心掛けたほうが良いと思います。

あと、リブログされた記事が削除、或いは下書き状態にされた場合は、リブログカードの内容は「この記事は削除されているか、または未来記事設定(現日時以降の公開)された記事のため表示できません」という内容に変わり、クリックしてもリブログ元の記事に移動しないようになります。

それから、リブログした記事を更にリブログすることもできますが、リブログカードの中には、元記事のリブログカードは表示されないようです。

まとめ

以上、アメブロのリブログ機能について、分かった範囲でまとめてみました。

もし参考になりましたら幸いです。

よく出来ている部分、迷惑利用も可能な部分、両方ありますが、上手く使うとユーザー間の交流を深める良いきっかけにもなりそうですね。

また、自分のアメブロの記事をリブログすることもできますので、過去記事に言及しながら新しい記事を書く場合などに便利です。

あと、もし間違いなどあれば、ぜひご指摘下さい^^

(実は、僕はリブログ機能公開当初は利用しませんでしたが、その後の仕様変更を見て検討した結果、使うことにしました^^)

最終更新日:2017/08/25