アメブロのトップページの変更をGoogleの検索結果に素早く反映させる

アメブロのトップページの変更をGoogleの検索結果に素早く反映させる

アメブロのトップページの変更をGoogleの検索結果に素早く反映させる
松本です、こんにちは。

通常、アメブロの記事の更新はPINGなどの方法を利用して積極的に検索エンジンに通知する仕組みを取り入れている方が多いと思いますが、トップページ(メッセージボードなど)を変更した場合は特に何もせず、Googleのクローラーの巡回に任せっきりという場合が多いのではないでしょうか?

でも、それではいつ検索結果に反映されるかわかりません。

特に、メッセージボードに重要な変更を加えた場合などは、出来る限り短時間で検索結果に反映されるようにしたいものです。

実は昨日、本アメブロにメッセージボードを追加しました。

メッセージボードは長い間表示していなかったのですが、ある理由から追加することにしました。

その際、Googleにトップページの内容変更を通知する手続きを行ったところ、すぐに認識されて(インデックスされて)検索結果にも短時間で表示されるようになりましたので、そのやり方を紹介させてもらいたいと思います。

Google Search Consoleに登録する

まず、今回の操作を行うためには、前準備として、ご自身のアメブロをGoogle Search Console(旧ウェブマスターツール)に登録しておく必要があります。

ですので、もしまだの場合は先にこちらをやっておいて下さい。

Google Search Consoleへの登録をすると

「このアメブロのオーナー(管理人)は私です!」

とGoogleに伝える事ができ、今回の機能のほかにも様々な便利な機能が使えますので、ぜひ登録しておくことをお勧めします。

Fetch as Googleを使ってトップページに変更があったことを伝える

アメブロをGoogle Search Consoleに登録すると、Fetch as Googleという機能を使ってページ内容の変更を通常よりも速くGoogleに知らせることができます。


Fetch as Google

まず、Fetch as Google機能を利用するには、Google Search Consoleの左サイドバーメニューから[クロール]→[Fetch as Google]をクリックします。


アメブロのトップページをインデックスに送信する

Fetch as Googleページが開いたら、まずは、アメブロのトップページのURLが表示されていることを確認してください。

そして、[取得してレンダリング]ボタンをクリックします。

すると、トップページの最新の状態がGoogleに読み込まれて、下のリスト部の一番上に読み込んだページ(つまりアメブロのトップページ)に関する行が追加されます。

また、読み込みが正常に行われれば、その行に[インデックスに送信]というボタンが表示されますので、続けてその[インデックスに送信]ボタンをクリックします。


アメブロのトップページへの変更がすぐに反映される

これでトップページへの変更がすぐにGoogleに認識されて、

アメブロのトップページをGoogleのクローラーがすぐに見に来る

クローラーがすぐにアメブロのトップページを読みに来て、

アメブロのトップページへの変更がGoogleの検索結果にすぐに反映されて表示されるようになる

短時間でメッセージボードの内容がGoogle検索にヒットし検索結果に表示されるようになりました。

日常的に利用する機能ではない

ちなみに、今回ご紹介した「Fetch as Google」機能を利用すると、通常よりも素早くGoogleにページの変更を伝えることができますが、基本的には日常的に利用する機能ではありません。

利用回数の制限もありますし、「とにかく早く伝えないととても困ったことになる」ようなケースで利用すべきで、無闇に使うと逆にペナルティを受ける可能性もあると聞きますので注意すべきでしょう。

ここぞという時に利用することをお勧めします。

なお、Googleに知らせることはできても、検索結果に出るかどうかはGoogleのシステムの判定基準によりますので、100%表示されるとまでは言えません。

以上、Google Search Console(旧ウェブマスターツール)のFetch as Google機能を使ってアメブロのトップページへの変更をGoogleの検索結果に素早く反映させる方法をご紹介しました。

よかったら参考になさって下さい。