アメブロをGoogleウェブマスターツールに登録するとこんなことがわかります

アメブロをGoogleウェブマスターツールに登録するとこんなことがわかります

アメブロカスタマイズの松本です。

こんにちは。

先日、アメブロをGoogleウェブマスターツールに登録できるようになったことを書かせてもらいましたが、今回は、これでどういうことがわかるのかを少しだけ詳しく書いてみますね。

基本的には前の記事でも書かせてもらったとおり、検索された情報被リンクがわかります。

Googleウェブマスターツールでアメブロが検索されたキーワードを分析する

まずは、検索キーワードです。

QLOOKなどの普通のアクセス解析でもわかると思われるかもしれませんが、ウェブマスターツールでわかるのはアクセス解析でわかるものとは違います。

アクセス解析の場合は、アメブロを訪問してくれた人が使ったキーワードだけがわかるんですが・・・、

ウェブマスターツールの場合は、どんなキーワードで検索された時に・・・、

Googleの検索結果に何回表示されたか?

表示された順位は平均何位だったか?

表示された時に何回(何%)クリック、つまり訪問されたか?

がわかります。

例えば、下の画像のような情報が見れます(画像内に伏せ字が多くてすみません)。

数字が見えているのは、クリック数つまりブログへの訪問回数がほぼ同じキーワード3つです。

アクセス解析ではどれもおなじに見えるわけですが、ウェブマスターツールで見るとそれぞれ全く異なる特徴があることがわかります。

1つめは、平均1位表示で、クリック率も高いのでとても良いです。

2つめは、順位は1つめとほぼ同じで、概ね1位表示されていますが、クリック率が半分くらいですね。

3つめは、表示回数が多いですが、他の2つよりも順位が低いためか、クリック率が大幅に下がってしまっていますね。

これだけでも、

■2つめの検索結果で表示される記事は、タイトルをクリックしたくなるような魅力的なものに変える。

■3つめの検索結果で表示される記事は、検索順位が上がるよう記事内での検索キーワードの出現率や他ページからのリンク文字を見直す。

と言った対策をすると効果がありそうだとわかります

(グラフは日毎の検索結果に表示された回数とクリック数(全キーワードの合計)で、例えば何曜日によく検索されるのかなどを見る指標になります。

Googleウェブマスターツールで検索されたページを分析する

次は、検索されたページですが、これは、キーワードは関係なくアメブロのページごとに、

Googleの検索結果に何回表示されたか?

表示された順位は平均何位だったか?

表示された時に何回(何%)クリック、つまり訪問されたか?

を見ることができます。

次の画像のような感じです。

検索キーワードの時と同様、同じくらいの訪問回数の記事3つに注目してみましたが、それぞれ特徴が出てますよね。

1つめの記事は表示順位が約5位なのに、2つめの4位の記事よりもクリック率が大幅に上回り、3つめの3位の記事と同じクリック率になっています。

なので、この中では、1つめの記事の記事タイトルがクリックされやすい魅力的な記事タイトルになっていると思われます。

これに比べて、特に2つめは、改善の余地がありそうですね。

Googleウェブマスターツールでアメブロがどこからリンクされているかを知る

あと、もう一つが被リンクからです。

自分のアメブロが、他サイトからどのようにリンクされているのかを詳細に見ることができます。

ただし、Googleは基本的に「1つのドメインは1つのサイト」という動作をするため、「http://ameblo.jp」を一つのサイトと見ます。

なので、アメブロ内の他ブログからの被リンク状況などは、残念ながらちょっと見にくいです。

ちなみに、Googleウェブマスターツールは、利用を始めてから情報を蓄積していくようですので、いざ欲しい時に情報を得られるよう、登録だけでも早めにしておかれたほうがいいと思います。

以上、アメブロをGoogleウェブマスターツールに登録すると何がわかるのかについてご紹介しました。

ぜひ、Googleウェブマスターツールをご自身のアメブロ運営に役立てくださいね。

アメブロカスタマイズと読者を増やすブログ運営 初心者でもかんたん