「記事についたいいね!」から迷惑ユーザーの「いいね!」を消す方法

「記事についたいいね!」から迷惑ユーザーの「いいね!」を消す方法

アメブロカスタマイズのわざめーばです。

こんにちは。

アメブロの「来たよ」アピールのメインが「ペタ」から「いいね!」に変わりつつありますが、これに伴って、ツールによる自動巡回など、迷惑なユーザーによる「いいね!」に悩まされる人が増えているようです。

そこで、今回、PCでブログ記事の「いいね!した人」をクリックした時に表示される「記事についたいいね!」の一覧から、指定した迷惑ユーザの「いいね!」を見えなくする方法をご紹介します。

残念ながらいいね!された情報を削除する方法ではありませんので根本的な解決にならないのですが、一度設定しておけば以降の記事についた同じ迷惑ユーザーによる「いいね!」も見えなくなりますので、読者さんに迷惑ユーザを出来るだけ見せなくて済むなど、少しは効果が期待できるのではないでしょうか。

イタチごっこかもしれませんが・・・

CSSに必要な設定をする

今回の方法は、ユーザーCSSに設定を追加することで実現できます。

ユーザーCSSについてわからない場合はこちらを参照してください。

では、早速、以下のようなコードをユーザーCSSの末尾に追加しましょう。

/* ついたいいね!から迷惑ユーザーを消す */
.iineListItem, .iineListItem:nth-of-type(10n+1) {
  padding: 0 !important;
  border-top: 0 none !important;
}
.iineListItem a {
  display: block;
  padding: 8px 18px 8px 12px;
  border-top: 1px dotted #b3b3b3;
}
.iineListItem:first-child a {
  border-top: 0 none;
}
.iineListItem a:after{
  display: block;
  clear: both;
  content: ".";
  height: 0px;
  overflow: hidden;
  visibility: hidden;
}
.iineListItem a[href="http://ameblo.jp/????????/"],
#__dummy__ {
  display: none;
}

????????」部分には、非表示にしたい迷惑ユーザーのアメーバIDを設定して下さい。

また、複数の迷惑ユーザーを指定したい場合は、次の例のように太字の範囲を複数行記述すればOKです。

・・・・・・・・・・

.iineListItem a[href="http://ameblo.jp/迷惑ユーザー1のID/"],
.iineListItem a[href="http://ameblo.jp/迷惑ユーザー2のID/"],
.iineListItem a[href="http://ameblo.jp/迷惑ユーザー3のID/"],
#__dummy__ {
  display: none;
}

なお、今回ご紹介した方法は、あくまでもPCで記事の「いいね!した人」をクリックした時に、迷惑ユーザーが見えなくなる方法で、残念ながら、迷惑いいね!を削除する方法ではありません

なので、PC画面以外や、「いいね!」の管理画面では表示されてしまいますのでご注意ください。

根本的な削除に関しては、今後の運営の対応に期待しましょう。

以上、「記事についたいいね!」から迷惑ユーザーの「いいね!」の表示を消す方法をご紹介しました。

よかったら参考にして下さいね。

関連記事

CSSを編集してアメブロをカスタマイズする方法
アメブロカスタマイズ目次
アメブロカスタマイズで成功するブログを作ろう トップページ